読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロマネブログ

とあるSIerでプロマネやっているオッサンです。主にシステム開発ネタや仕事ネタ、気になった三面記事ネタの解説なんかしてたりします。

ほんとに女性の社会的地位向上で経済発展するのかな?

女性の社会的地位向上について 1/2 - Market Hack

 

この記事で、女性の社会的地位向上が経済の発展につながるとありました。

ちょっと気になったので、早速統計処理を行ってみようと思います。

 

以下みたいに、ちまちまランキングとGDP成長率(2012年度版)をマッピングし、

相関係数をとって関連性の有無を定量的に評価してみました

 

f:id:getlife:20131026033649p:plain

※集計に使った表ですが、あまりに大きくなってしまったので縮小版だけ。。。

世界男女差ランキングとGDP成長率との相関係数

相関係数 : 0.232

 

これは、ランキングの数字が高いほどGDP成長率が高くなることを意味します。

ほんの僅かだけ、相関がある状態です。

 

ランキングが高い = ランキング上は女性の社会的地位が低い となりますので

女性の社会的地位向上が低いほどGDP成長率が高いこととなります

 

まあ、新興国などの高成長を行っている国が、比較的100位台あたりに

集中しているためですね。

当然って言えば、当然なのですが。。。これではちょっと分析として面白く無いです。

 

 

G20に限定してランキングとGDP成長率との相関係数

相関係数 : 0.09

 

これは、無相関です。関係なし

 

北欧諸国なども入っているので、元記事の仮定が正しければ相関が見られるかと思いましたが。。。ダメでした。

 

まあ、中国やインドも含まれているので。

こんなもんですかね。

 

G8に限定してランキングとGDP成長率との相関係数

相関係数 : -0.05

 

これは、無相関です。関係なし。

先進国だけなので、比較的相関が見られるかなとおもいきや

一番相関がない状態でした。

 

 

 

上記の通り、ランキングと昨年のGDP成長率との比較をとったのですが、

少なくとも、世界的にも、主要国的にも、先進主要国的にも

女性の社会的地位向上とGDP成長率との関係はほぼ見られないと言って

良い状況です。

 

経済成長を単年ではなく複数年で見るって考察もありますが、ランキング自体が

近年取られ始めたものなので、長期的なスパンでの評価は難しいです。

 

元記事では定性的に評価して、女性の社会的地位向上が経済発展につながると

考えたのでしょうけど、実際に定量的に評価をしてみればなんの効果もない、

といった形になってます。

 

 

もうちょっと詳しく分析してみると面白そうですけど、今日はここまで。

 

 

以上

 

 

 

広告を非表示にする